大洋システムテクノロジーエンタープライズソリューション事業部のblog

株式会社大洋システムテクノロジー エンタープライズ事業部 公式ブログです。 社内での出来事、イベント、コラムなどを公開していきます。

【横浜発祥 創業55年の独立系システムインテグレーター】
大洋システムテクノロジー オフィシャルホームページ はコチラ
 https://www.taiyo-st.co.jp/

社員紹介 (No.2)

こんにちは。

大洋システムテクノロジー エンタープライズソリューション事業部 広報担当です。

今回は、2016年04月に 新卒採用で入社したメンバーにインタビューをしてみました。



■ 自己紹介

・同期の中で唯一、専門学校を卒業しました。
 20歳の最年少です。
・専門学校ではプログラムやWebサイトの作成など、情報処理の勉強をしてきました。
image1



■ 入社時の印象

・最初の3ヶ月間は虎ノ門にある東京本社で研修を受けました。
・見知らぬ同期と研修を受けていたので少し距離を感じつつも、次第に打ち解けあって仲良くなり
 一緒に研修を終了することができました。
 (今では休日も遊びに行く仲です


■ 業務内容

・現在は、お客様先に常駐して仕事をしています。
・今まで関わりの無かった生命保険という業務内容に驚きつつも実際にお客様が使われる
 画面イメージ  を作成したり、動きを設計したり、と新鮮な毎日を過ごしています。


■ チームメンバーの印象

・今はチームメンバー6名が全員同じオフィスビルで仕事をしています。

・業務上、分からないことがあれば隣に座っている先輩に質問したり、
 仕事が終わると後ろに座っている上司に報告したりと、とてもチームを身近に感じます
・お昼休憩では、仕事以外の会話も弾み、楽しいひと時を過ごしています。

・仕事自体は、期限を守ることや誤字・脱字などの品質を守ることなど、
 一つ一つ教えて頂き、時に厳しく言われることもありますが、
 とてもいい経験を積ませてもらっています。


■ 入社を希望する方へのメッセージ

・仕事をするうえで失敗し、つらい経験をすることもありますが、
 先輩のフォローや上司の激励を受けながら乗り越えています。

・先日はチームのイベント(飲み会)があり、社会人でしか味わえない
 経験をさせてもらいました(下記、イメージ)
 image11image12


 業務時間だけにとどまらず、業務外でも大いに楽しめる
 こんな大洋システムテクノロジーの一員になってみませんか。
image6


次回もお楽しみに。

社員紹介 (No.1)

こんにちは。

大洋システムテクノロジー エンタープライズソリューション事業部 広報担当です。

今回は、2016年04月に 新卒採用で入社したメンバーに
インタビューをしてみました。



■ 自己紹介

・大学では、スポーツ医学やスポーツ用具に関して学んできました。
・大学でPCを扱うことが多くあり、ITに興味を抱いたと伴に、
 勉学を通じて、介護業界にも興味を持っていました。


■ 業務内容

・現在は、受託開発チームのメンバーとして仕事をしています。
・主に、介護事業者様向けの
 請求管理システムの開発・運用保守業務を担当しています。
・お客様からの問合せや、マスタ登録作業、ログ解析、サーバーメンテナンス等
 の作業を日々行っています。


■ ある1日のスケジュール

ある1日のスケジュール


■ 職場の印象

・職場の雰囲気は、仕事の時はとても静かです。
 でも、皆さんとても接しやすく、風通しの良い環境です。
 仕事外になると先輩風を吹かさず、
 色々なことを話して、楽しんで過ごしています。
・研修期間は3ヶ月程度あり、みっちりと充実した研修を受けることができました。
 同期とも一緒に研修を受けたことで、
 切磋琢磨しあえるよい関係を気付けたと思います。
・現場に配属になってからも、分からないことはしっかりと教えてもらえ、
 成長を実感しています。


■ 入社を希望する方へのメッセージ

 IT業界は、仕事量が多く、残業が厳しそうと思う人は多いと思います。
 私もその内の一人でした。
 確かに、時と場合によっては、仕事量が多く、残業はありますが、
 私の周りには、支えてくれる先輩や上司がいて、
 辛いことも乗り越えることができています。

 私の様な新人以外にも子育てをしながら勤めている社員もいて、
 メンバー同士、お互いに支えながら成長できる環境が大洋にはあります。

 大洋は、このような充実した環境で、
 学び、育ち、自分自身のレベルを高められる会社です。

 さあ大洋の一員となり、SE大航海時代を切り拓こう!!






次回もお楽しみに。

自作アプリでカーライフを快適に!

6月のブログにも書いたように私達の事業部では、定期的にチーム毎に会議の場を持ちますが、その中で、自主的に技術発表なども行っています。
今日は、社員N氏による、おもしろい発表がありましたので、紹介します。

N氏は、電気自動車を購入し、充電スタンドで不便に感じたことを、
ITによって解決できないかと考え、自作アプリを作りました。
EV

その名は、 “EV Charging Status Checker”

昨今、電気自動車もかなり普及してきましたが、スタンドでの充電は、長いと30分以上かかります。
充電が完了したか、充電が失敗していないかをなど、結局30分以上、待たざるをえません。
そんな、不快感から解放されるため、彼は、充電状態をリアルタイムで
確認できるアプリがないかを探し始めました。もちろん、低コストという前提付で。
既存モジュール、アプリを組み合わせ、改善を加えて、
下図のように“EV Charging Status Checker”を作り上げました。

EV Charging


充電情報をBluetoothでスマホに送信してくれるモジュール( OBD2モジュール)、
それを受信するAndroidのアプリケーション(Canion135)でスマホで充電情報を見れるようになることがわかりましたが、Bluetoothの通信可能な距離が短いため、
格安SIM、バッチアプリ、Google Driveなどを使って工夫しました。

① OBD2モジュールが車載用スマホに充電情報を送信
②車載用スマホのCanion135が充電情報を受信後、充電状況をスクリーンショットを取得して、ユーザフォルダに保存
③保存した画像を車載用スマホのバッチアプリでGoogle Driveにアップロード
 ※通信は、車載用スマホに格安SIM( 298円回線の200kbps )
④普段、携帯しているスマホでGoogle Drive上の充電状況の画像を閲覧

このツールが完成したことにより、充電中に休憩所でコーヒーを飲んだり、
コンビニに買い物に行けたりするようになり、N氏のカーライフは、とても快適に
なったようです。
自分自身の生活を改善するために、考え、取り組み、ものを作り上げる。
気がつくと、新しい技術、知識が身に就く。とても、いいサイクルですね。
私達SEは常に改善したい、価値を提供したい、お客様に喜んで頂きたい
といった思いをモチベーションにしながら、多くを学び、行動したいものです。

ギャラリー
  • 新人研修レポート(後編)
  • 新人研修レポート(後編)
  • 新人研修レポート(前編)
  • 新人研修レポート(前編)
  • 我が社のイベント紹介(新人企画)
  • 我が社のイベント紹介(新人企画)
  • 我が社のイベント紹介(新人企画)
  • 我が社のイベント紹介(新人企画)
  • 未経験スキルを身につけるチャンス